~ドラえもんで学ぶコーチングvol.14~

2022年08月12日 10:35

こんにちは、コーチの山田高義です。

●あなたは、「自分ができない理由」「自分ができる理由」どちらに目を向けていますか?

もし、「しずかちゃんとの結婚」という目標に対し、のび太が「結婚できない理由」に目を向けていたら、どうなるでしょう?
「勉強ができない」「運動ができない」「集中力がない」「家がお金持ちではない」「背が高くない」「容姿がよくない」・・・。

のび太ほど、「結婚できない理由」だらけの人物は、いないじゃないでしょうか?
のび太が「出来ない理由」に目を向けていたとしたら、「しずかちゃんと結婚できる自信」を持つなんて、絶対に無理でしょう。

もし、「しずかちゃんとの結婚」という目標に対し、のび太が「結婚できる理由」に目を向けていたら、どうなるでしょう?
「しずかちゃんのことを誰よりも一途に想っている」「いつもしずかちゃんの側にいて、困ったときに助けることができる」「思いやりの心がある」・・・。

実際に、結婚前夜、しずかちゃんのパパはしずかちゃんに、のび太のことを「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。それがいちばん人間にとってだいじなことだからね。」と語っています。

どうですか?のび太が素晴らしい人物に思えてきませんか?

次回は、「できる理由」に目を向けるには、どうすればよいのかを紹介します。
今日も、最後まで、読んでくださりありがとうございました。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)